弁護側、起訴内容を一部否認 「運転に異常な点ない」/六戸5人死傷事故初公判

昨年6月、六戸町の国道45号で軽自動車が街路灯に衝突し、乗っていた5人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた十和田市、無職の男(22)の裁判員裁判初公判が16日、青森地裁(寺尾亮裁判長)であった。罪状認否.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録