琥珀文化“窓”からのぞいて 久慈駅前に道具や資料展示

採掘された琥珀や採掘道具などがならぶ展示スペース 
採掘された琥珀や採掘道具などがならぶ展示スペース 
琥珀の採掘場跡(くんのこほっぱ)が残る久慈市枝成沢・碁石地区を「碁石こはく村」と命名して調査、伝承に取り組む「くんのこほっぱ愛好会」(同市、黒沼忠雄会長)が、久慈駅前に『「碁石こはく村」まちなか拠点「琥珀の窓」』を開設した。かつて琥珀の一大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録