【小林八戸市長退任】「可能性追求の16年間」 最後の記者会見で回顧

八戸市の小林眞市長は任期満了を迎えた16日、市庁で最後の記者会見に臨んだ。4期16年の市政運営について、「表現するとすれば『可能性を追求し続けた』という16年間。可能性を持った市民や企業が出し切れていない部分を、どう引き出していくかだった」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録