【小林八戸市長退任】「どう飛んだかが大切」 笑顔で庁舎に別れ

職員から花束を受け取り、笑顔を見せる小林眞氏(右)=16日、八戸市庁
職員から花束を受け取り、笑顔を見せる小林眞氏(右)=16日、八戸市庁
2005年11月から16年間、八戸市長を務めた小林眞氏(71)が16日、4期目の任期満了を迎えた。総務省職員だった55歳の時に市長選に初挑戦し、4期連続当選。これまで豊富な行政経験を生かして産業振興や中心街活性化に尽力し、ドクターヘリの導入.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録