Free二戸市が国保税の年金特別徴収で入力ミス 天引きから普通徴収に切り替え

二戸市は16日、本年度の国民健康保険税の「特別徴収」で事務作業に誤りがあり、年金支給時に、961世帯で一部または全額の保険税が天引きできなくなったことを明らかにした。国保税の口座振替の制度に登録していない対象世帯には、納税通知書による納付を依頼する。

 市によると、税務課職員が日本年金機構に特別徴収を依頼する際、データを誤って入力していたことが原因。10月中旬に市民から「年金の振り込み通知で国保税が引かれていない」との問い合わせがあり発覚した。

 納税通知書による普通徴収は、11月~来年2月、4回に分けて行う。納める年税額に変更はない。入力ミスの影響で来年4~8月の特別徴収でも天引きができなくなる見込みで、市は対象世帯を普通徴収に切り替える方針。

 市は16日の市議会臨時会で報告した。藤原淳市長は「ご迷惑をお掛けし、申し訳ない。チェック体制を強化し再発防止に努める」と陳謝した。

お気に入り登録