種市小児童がシイタケ植菌挑戦 洋野、特産品になるまでの歴史も学ぶ

原木に種駒を植える児童
原木に種駒を植える児童
洋野町立種市小(山下秋雄校長)の5年生40人は9日、同校で原木シイタケの植菌体験を行った。町農林課と岩手県県北広域振興局林務部の職員を講師に迎え、シイタケの育成方法を学習したほか、シイタケが町の特産品になるまでの歴史にも理解を深めた。 体験.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録