差し押さえ高齢者2万人超 介護保険料を滞納、過去最多

 介護保険料滞納で差し押さえ処分を受けた高齢者数の推移
 介護保険料滞納で差し押さえ処分を受けた高齢者数の推移
介護保険料を滞納し、市区町村から資産の差し押さえ処分を受けた65歳以上の高齢者が、2019年度は過去最多の2万1578人に上ったことが15日、厚生労働省の調査で分かった。2万人を超えるのは初めて。 厚労省の担当者は「自治体が徴収業務に力を入.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録