時評(11月16日)

英国で開かれた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が閉幕した。採択文書には「産業革命前からの気温上昇を1・5度に抑える努力を追求する」との文言が盛り込まれた。 「1・5度」は人類に深刻な影響が出る境界値とされる。パリ協定で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録