流産減、不妊治療に期待 着床前検査、保険適用を議論

着床前検査のため受精卵から細胞を取り出す様子(慶応大病院提供)
着床前検査のため受精卵から細胞を取り出す様子(慶応大病院提供)
流産を防ぐため受精卵の染色体異常を調べる着床前検査を公的医療保険の対象にするかどうかについて、厚生労働省で近く議論されることが分かった。流産を減らす効果に注目が集まり、患者からは保険適用を求める声が上がる。一方で、検査をしても出産率の向上が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録