原敬揮毫、盛岡へ「帰省」 没後100年、一般公開も

 盛岡市の原敬記念館で展示されている原敬の揮毫「宝積」=10日
 盛岡市の原敬記念館で展示されている原敬の揮毫「宝積」=10日
大正期に初の本格的政党内閣を率いた原敬の没後100年に合わせ、直筆の揮毫(きごう)が郷里・盛岡市の原敬記念館で展示されている。原は首相在任中の1921年11月4日、暴漢の凶刃に倒れた。揮毫は自民党が幹事長室に掛けているものを貸し出した。企画.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録