【貨物船座礁】ホッキへの重油影響を検査/三沢市漁協

八戸港沖で座礁した貨物船から重油が流出した事故で、三沢市漁協は13日、三沢沖のホッキガイの安全性を確認するため、サンプルを採取し、弘前市内の検査業者に送った。重油成分の有無を調べる。結果は2週間程度で判明する見込み。 12月1日に解禁となる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録