警察と連携、監視の目強化 アスリートの性的画像問題1年

 東京五輪体操女子で足首まで覆うボディースーツを着て練習するドイツ選手(右上)と、JOCなど7団体が発表した共同声明(右下)、無許可での撮影禁止を示すプラカードのコラージュ
 東京五輪体操女子で足首まで覆うボディースーツを着て練習するドイツ選手(右上)と、JOCなど7団体が発表した共同声明(右下)、無許可での撮影禁止を示すプラカードのコラージュ
アスリートへの性的な意図を持った撮影や画像拡散の問題で、日本オリンピック委員会(JOC)などスポーツ7団体が被害撲滅に取り組む共同声明を発表してから13日で1年。警察と連携して監視の目が強化され、全国で逮捕者も相次ぐ。問題の認知度が向上して.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録