時評(11月13日)

立憲民主党の枝野幸男代表が、衆院選敗北の責任を取って辞任した。政権交代を訴えながら、国のかじ取りを担う受け皿となれなかったばかりか、議席を大幅に減らしてしまった以上、党首交代は当然だろう。 立民は代表選を実施し、30日に新代表を選出する。自.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録