トヨタ、国内生産正常化へ 12月、過去最高水準80万台 部品調達難が改善

トヨタ自動車は12日、12月の生産計画を発表し、7カ月ぶりに国内の全14工場28ラインが通常稼働し正常化するとの見通しを示した。世界生産台数は約76万台だった前年実績を上回る80万台程度とし、12月としては過去最高水準となりそうだ。東南アジ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録