新庁舎の事業費3千万円増 野辺地町、実施設計が完了

野辺地町の新庁舎整備を巡り、町は12日、実施設計が完了し、概算事業費が基本構想から約3千万円増の約19億3751万円になったことを明らかにした。新庁舎は2022年4月に着工し、24年8月ごろの供用開始を目指している。 同日開かれた町議会の新.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録