【瀬戸内寂聴さん死去】平和の尊さ訴え続け 戦争体験が原点に

 安全保障関連法案に反対する市民団体の集会に参加し、反戦を呼び掛ける瀬戸内寂聴さん=2015年6月、国会前
 安全保障関連法案に反対する市民団体の集会に参加し、反戦を呼び掛ける瀬戸内寂聴さん=2015年6月、国会前
9日死去した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんは「戦争だけは絶対あってはならない」と繰り返し語り、平和の尊さを訴え続けた。その原点には、母親と祖父を亡くした戦争体験があった。 ▽良い戦争はない 終戦直前の7月、故郷の徳島市が激しい空襲に見舞われ、2.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録