【瀬戸内寂聴さん死去】在りし日思い追悼や感謝/北奥羽地域の住民

ユーモアたっぷりの語り口で聴衆を魅了した瀬戸内寂聴さん。住職就任から30年を記念した特別法話が、天台寺を訪れた最後となった=2017年5月、二戸市浄法寺町
ユーモアたっぷりの語り口で聴衆を魅了した瀬戸内寂聴さん。住職就任から30年を記念した特別法話が、天台寺を訪れた最後となった=2017年5月、二戸市浄法寺町
寂聴さん、本当にありがとう―。9日に死去した瀬戸内寂聴さんは1987年から18年間、二戸市浄法寺町の天台寺の住職を務め、前向きな生き方や飾らない人柄で北奥羽地域の住民に愛された。11日、突然の訃報に関係者や市民らは「もう一度、名物の青空法話.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録