瀬戸内寂聴さん死去 二戸拠点に法話、人々を勇気付け

 京都・嵯峨野の寂庵で法話する瀬戸内寂聴さん=2018年6月
 京都・嵯峨野の寂庵で法話する瀬戸内寂聴さん=2018年6月
「夏の終り」「かの子撩乱」など愛と人間の業を見詰めた小説や、痛みや孤独を抱える人々の心に寄り添う法話で知られ、文化勲章を受章した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが9日午前6時3分、心不全のため京都市内の病院で死去した。99歳。徳島市出身。自宅は京.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録