Free朝のニュースダイジェスト(11月12日)

【ギンザケ養殖正式スタート】
 久慈市漁協が久慈湾で取り組むギンザケの海面養殖が今月、岩手県から区画漁業権の免許を取得し、養殖事業として正式にスタートした。11日は稚魚をいけすに入れる作業が報道陣に公開された。

 【最賃引き上げ、12月21日発効】
 青森労働局は11日、青森県内の特定(産業別)最低賃金の引き上げを官報に公示。現行からの引き上げ幅は26~27円で、12月21日に発効する。上げ幅は過去10年で最大。

 【八戸酒類五戸工場など優等賞】
 仙台国税局は11日、21年東北清酒鑑評会の概況を発表。吟醸酒の部と純米酒の部で八戸酒類五戸工場(五戸町)、吟醸酒の部で桃川(おいらせ町)がそれぞれ優等賞に選ばれた。

 【江幡(八学大)がヴァンラーレ加入へ】
 サッカーJ3のヴァンラーレ八戸は11日、八学大FWの江幡俊介(21)が来季から加入すると発表した。江幡は「早く試合に出場して、チームに貢献したい」と抱負を語った。

 【初の20億円割れ/八戸港10月水揚げ】
 八戸市水産事務所が11日発表した10月の八戸港水揚げ統計によると、数量1万4280トン、金額16億5158万円で、金額は過去10年で初めて20億円を割った。

お気に入り登録