日航ボーナス、0・15カ月 今冬、再上場後最低

日本航空は11日、今冬のボーナスに相当する一時金を基本給の0・15カ月分とする方針を労働組合に示した。新型コロナウイルス禍による業績低迷が響き、経営破綻を経て2012年に再上場して以来最低となる。 基本給が低い若手らに配慮した生活支援のため.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録