自民税調、相次ぐ大物退場 引退や落選、影響力低下も

 自民党税制調査会インナーメンバーの動向
 自民党税制調査会インナーメンバーの動向
自民党税制調査会から大物議員が相次いで退場する異例の事態になっている。毎年の税制改正議論を主導する「インナー」と呼ばれる中枢幹部9人のうち、衆院選前後に引退や落選などで7人が抜けた。今年は11月下旬に議論を始めるが、人選を誤ると影響力が低下.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録