時評(11月11日)

小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」が8月に大噴火した。その際に噴出した大量の軽石が遠く離れた鹿児島県や沖縄県の島に漂着して漁業や観光業などに深刻な影響を与えている。 海洋研究開発機構がスーパーコンピューターを使った予測では今月下旬に関東沖に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録