児童手当受給なら申請不要 年内にもまず5万円支給

 自公が合意した支援策
 自公が合意した支援策
自民、公明両党が合意した18歳以下の子どもに対する10万円相当の給付は、中学校卒業まで支払われる児童手当の仕組みを活用するため、高校生などを除き申請手続きは不要になる見通しだ。所得制限によって高所得者が除外され、18歳以下の9割程度の子ども.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録