仏大統領「原発再び推進」 20年ぶり新規着工か

 9日、記者会見に臨むフランスのマクロン大統領=パリ(ロイター=共同)
 9日、記者会見に臨むフランスのマクロン大統領=パリ(ロイター=共同)
【パリ共同】フランスのマクロン大統領は9日のテレビ演説で、自国のエネルギーの独立性を維持し、気候変動対策の目標を達成するため「国内で原発建設を再び推進する」と表明した。フィガロ紙によると政府が年内に原子炉を発注すれば、27年にも建設工事が始.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録