報酬問題に注力も立件断念 関電旧経営陣巡る問題

 関西電力を巡る問題の構図
 関西電力を巡る問題の構図
大阪地検特捜部は関西電力旧経営陣の立件を断念した。キーパーソン不在の金品受領問題は早い段階で捜査に見切りをつけ、脈ありと判断した報酬補塡(ほてん)問題を入念に検討したが、確実に有罪が取れるとの結論に至らなかった。内部からは検察審査会にボール.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録