八戸市長選で分裂も15人維持 市議会会派「自民・市民ク」 坂本会長辞任、後任に立花氏

自民党勢力を二分した八戸市長選(10月31日投票)を巡り、所属議員が分裂した市議会の自民系会派「自民・市民クラブ」は9日、市庁で議員総会を開き、今後も15人体制を維持する方針を確認した。引き続き与党の第1会派として、17日に新市長となる熊谷.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録