【解説・県農協中央会】組合員不在の不毛な対立

役員空席問題で揺れる青森県農協中央会で9日、会長代行を務める雪田徹氏が解任された。八戸農協の山美喜正組合長の県中央会副会長就任が否決された昨年9月の補欠選挙以降、県南側と津軽側の対立は収拾の糸口さえつかめず、混迷の度合いが深まっている。 県.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録