ばらまき批判で擦れ違い 与党、子ども向け給付 一律給付は効果に疑問も

 子ども給付の想定される支給方法
 子ども給付の想定される支給方法
与党が経済対策の柱となる18歳以下の子ども向け給付で、現金とクーポンを組み合わせ10万円相当とすることに合意した。ただ一律支給にこだわる公明党と、ばらまき批判を避けたい自民党の間では所得制限を巡って擦れ違いが残る。高所得層を含めた現金給付は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録