青森の活性化、提案ぞくぞく ウルスラ高生が意見交換

青森県が抱える課題について話し合う生徒
青森県が抱える課題について話し合う生徒
青森県選管は2日、八戸聖ウルスラ学院高(里村智彦校長)で、高校生に地域の未来について話し合ってもらう「青森県の活性化策を考えるグループワーク」を開催した。普通科、英語科の1年生約60人が、地元が抱える課題について意見交換した。 間もなく有権.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録