震災時、自衛隊はこう動いた 久慈工業高で復興教育講演会

陸上自衛隊の炊事車について説明を受ける久慈工業高生
陸上自衛隊の炊事車について説明を受ける久慈工業高生
野田村の岩手県立久慈工業高(藤原徳久校長)は2日、全校生徒73人を対象に「復興教育講演会」を開いた。東日本大震災の被災地で人命救助や生活支援などに当たった自衛隊の役割に理解を深め、特殊車両や装備品を見学した。 震災後、同校の施設やグラウンド.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録