看板施策で「基金」多用 新資本主義会議の提言 規模膨張狙いに懸念も

政府の新しい資本主義実現会議がまとめた経済対策の提言では、経済安全保障や先端研究支援など看板施策で、国が支出を複数年続ける「基金」方式が目立つ。財政の「単年度主義の弊害是正」を唱える岸田文雄首相の意向を反映させたが、財政支出30兆円超とされ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録