病床逼迫前に緊急事態宣言 日常維持へ5段階新指標 政府コロナ分科会

 感染状況の新たな分類
 感染状況の新たな分類
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は8日、緊急事態宣言の発令や対策を強化する際の目安となる新指標を策定した。病床逼迫(ひっぱく)を回避するため病床数の予測ツールなどを活用し、先手を打って宣言などの強い対策を講じられるようにしたのが特徴.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録