コメ売り急ぎ防止へ支援 米穀機構、国の対策受け

公益社団法人「米穀安定供給確保支援機構」は8日、在庫が高止まりしている2020年産米の売り急ぎを防止するため、保管経費の一部を負担すると発表した。農林水産省の米価下落対策に沿う形で、生産者やJAグループを支援する。21年産の流通が本格化する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録