時評(11月8日)

広島で被爆し、病と闘いながら「核兵器のない世界」の実現に向けた運動をけん引した「日本原水爆被害者団体協議会」(被団協)代表委員の坪井直さんが亡くなった。「二度と被爆者をつくってはいけない」と核廃絶を求め続けた坪井さんは「被爆者の顔」であり「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録