東京パラ、肯定的評価の一方で不満も

 東京パラリンピックの開会式で入場行進する日本代表選手ら=8月、国立競技場
 東京パラリンピックの開会式で入場行進する日本代表選手ら=8月、国立競技場
共同通信のアンケートで、東京パラリンピックへの障害者の評価は肯定的な意見が多数を占めた。一方で「一時的に盛り上がっただけ」「参加対象外の聴覚や精神などの障害に対する理解は進んでいない」といった不満も。大会が掲げた「共生社会の実現」には、普段.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録