【全日本大学駅伝】大黒柱の自覚、脚に込め 駒大の田澤(八戸出身)

 駒大の大八木弘明監督(右奥)から声を掛けられる7区の田澤廉=津市(代表撮影)
 駒大の大八木弘明監督(右奥)から声を掛けられる7区の田澤廉=津市(代表撮影)
1位と2位の差はわずか8秒だった。駒大と青学大の一騎打ちにもつれた8区。中盤で追い付かれ、後ろに付かれた駒大の花尾は「余力はあった。相手は一切見ていなかった」と残り約2キロでのスパートで逃げ切り、2連覇を表すように両手の人さし指と中指を立て.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録