女子選手の月経に警鐘 学齢期から啓発を 東大病院産科医の能瀬さん(八戸出身)

診察に当たる能瀬さやかさん(東京大医学部付属病院提供) 
診察に当たる能瀬さやかさん(東京大医学部付属病院提供) 
東京五輪でも目覚ましい活躍を見せた女子選手だが、月経との付き合い方に悩むケースは少なくない。過度の食事制限や練習が引き起こす無月経は好都合とも捉えられるが、けがのリスクを高めるだけでなく選手生命や引退後の生活にまで影響を及ぼす恐れがある。東.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録