市民文士劇、今回は朗読で 「相馬大作物語」14日開催/二戸

公演本番に向け、朗読の練習に熱が入る出演者
公演本番に向け、朗読の練習に熱が入る出演者
二戸市民文士劇実行委員会(田代博之委員長)は14日、市民文化会館で朗読劇「相馬大作物語」を開催する。来年の文士劇は、没後200年に当たる相馬を主人公に公演を行う予定で、今年は「予告編」に位置付けて実施する。出演者は本番に向け、練習に熱を入れ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録