「緊急対応」、ずさん契約 コロナ事業、22兆円未執行 会計検査院、不透明さ懸念

 主な新型コロナ対策事業と会計検査院の指摘内容
 主な新型コロナ対策事業と会計検査院の指摘内容
会計検査院は2020年度決算検査報告で、巨額となった新型コロナウイルス対策事業に初めて切り込んだ。「アベノマスク」と呼ばれた布製マスクの配布など政府の肝いり施策が「緊急対応」を理由に進んだが、ずさんな契約実態が判明。予算額約65兆円のうち未.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録