【子宮頸がんワクチン】根強い要望、署名活動も 一部自治体、独自に救済

 厚労省に要望書と署名を提出後、記者会見する「HPVワクチン for Me」のメンバーら=3月(同会提供)
 厚労省に要望書と署名を提出後、記者会見する「HPVワクチン for Me」のメンバーら=3月(同会提供)
HPVワクチン接種を個別に促す積極的勧奨が控えられて8年以上が経過した。厚生労働省は勧奨の再開とともに、この間に情報を得られず無料接種の機会を逃した人たちへの救済措置の検討を始めた。接種が低迷した世代に、改めて無料で打てるよう専門家らが根強.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録