不登校中学生対象に交流事業 県立北斗高、同じ境遇経験の生徒運営

10月下旬に開かれた「北斗サタデースクール」。青森市などから学校になじめない多くの中学生が参加した=県立北斗高
10月下旬に開かれた「北斗サタデースクール」。青森市などから学校になじめない多くの中学生が参加した=県立北斗高
学校の楽しさを伝えたい―。青森県立北斗高(渡部靖之校長)は7月から、不登校や不登校傾向の中学生と交流する「北斗サタデースクール」を始めた。運営に当たるのは同校の高校生で、不登校経験者も多い。県内でも不登校の子どもは増えており、渡部校長は「同.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録