党の浮沈懸け、代表選へ駆け引き 立民、世代交代かベテランか

 2012年以降の野党第1党代表の顔触れ
 2012年以降の野党第1党代表の顔触れ
立憲民主党の枝野幸男代表(57)の辞意表明を受け、代表選への駆け引きが激化してきた。党内のグループが衆院選後初の会合を相次ぎ開催。民主党政権時代に閣僚や党要職を務めていない若手・中堅への世代交代論が強まる。ただ、党の浮沈を懸ける来年夏の参院.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録