時評(11月6日)

ダイバーシティー(多様性)が求められる中、日本は女性の活躍で世界から遅れているため、政府はあらゆる分野で「2020年代の可能な限り早期に指導的立場の女性を30%の比率に」という政策目標を掲げて女性比率の向上を目指してきた。 しかし、総務省の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録