布マスク不良品検品に21億円/会計検査院指摘

 厚生労働省が調達した布製マスクの状況
 厚生労働省が調達した布製マスクの状況
「アベノマスク」と呼ばれた全世帯向けなど、新型コロナウイルス対策として国が調達した布製マスクを会計検査院が調べたところ、不良品に伴う検品などの費用が約21億4800万円に上ったことが5日、分かった。 布製マスクは、厚生労働省が介護施設や妊婦.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録