ヒラメ放流、効率的に 例年の半分、今季100万匹 青森県栽培漁業振興協会

青森県栽培漁業振興協会が育成した放流用のヒラメの稚魚=8月6日、階上町
青森県栽培漁業振興協会が育成した放流用のヒラメの稚魚=8月6日、階上町
階上町の青森県栽培漁業振興協会(木浪昭代表理事)は8月から10月にかけて、本年度分のヒラメ稚魚計101万4千匹を県内16カ所で放流した。例年200万匹を目標に48カ所で実施しているが、本年度は効率化に向け規模を縮小した。今後も漁獲量の推移な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録