非常時対応、景気に弊害 供給不足、暮らし圧迫も 米量的緩和縮小へ

 米金融政策の見通し
 米金融政策の見通し
米国が金融政策の正常化へ踏み出した。新型コロナウイルス禍から経済が急回復し、非常時対応の量的緩和が景気をさらに過熱させ、弊害をもたらす恐れが出たためだ。足元では供給不足で物価上昇が加速し、市民生活を巡る景色が一変。日本でも輸入品の高騰が暮ら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録