核燃料初搬入「柏崎刈羽原発から」 RFS、むつ市に説明

使用済み核燃料の搬入元について説明する高橋泰成社長(前列右から2人目)=4日、むつ市役所
使用済み核燃料の搬入元について説明する高橋泰成社長(前列右から2人目)=4日、むつ市役所
リサイクル燃料貯蔵(RFS、むつ市)の高橋泰成社長は4日、2023年の操業開始を目指している使用済み核燃料中間貯蔵施設に搬入する最初の核燃料に関して「東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)から搬入するという認識に変わりはない」と説明した。10月の市.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録