漁業、観光…広がる軽石被害 沖縄悲鳴、月末関東予測も

 沖縄県国頭村の辺土名漁港に漂着した大量の軽石=2日、沖縄県国頭村(小型無人機から)
 沖縄県国頭村の辺土名漁港に漂着した大量の軽石=2日、沖縄県国頭村(小型無人機から)
小笠原諸島「福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)」の8月の海底火山噴火で生じた軽石が、10月になって千キロ以上離れた鹿児島県や沖縄県の島々に漂着し、漁業や観光などに大きな被害が出ている。「どれだけあるのか」「自力では撤去できない」。関係者からは悲.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録