【高校サッカー選手権県大会】八学光星、一瞬の隙突かれ無念

【八学光星―八学野西】後半、八学光星はFW室舘柊(中央)がシュートを放つ
【八学光星―八学野西】後半、八学光星はFW室舘柊(中央)がシュートを放つ
八学光星は相手の攻撃力を封じるべく、5バックで守りを固めたが、延長後半に失点し、力尽きた。5年ぶりの決勝進出を逃し、MF長内大虎主将は「一瞬の隙を突かれた。マークのずれを修正できていれば…」と悔やんだ。 無失点に抑え、少ない好機を生かし切る.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録