【八戸市新美術館】中心街にぎわい創出、官民一体で知恵を

小林市政下で整備された最後の大型公共施設の八戸市美術館(左)。既存の施設と連携し、にぎわいを創出できるかが焦点だ=3日、同市
小林市政下で整備された最後の大型公共施設の八戸市美術館(左)。既存の施設と連携し、にぎわいを創出できるかが焦点だ=3日、同市
八戸市に新しい美術館が3日、オープンし、小林眞市長が中心街で進めた大型公共施設の整備が一区切りを迎えた。新美術館は本来の目的である市民の文化・芸術活動の拠点となるほか、中心街を活性化させる役割も担う。中心街の衰退に歯止めを掛け、30億円以上.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録